ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

初川遊びは、今年も穴吹川

穴吹川へ今年初めての川遊びに行きました。水量は、予想以下。水温は、予想通り。抵抗なく足を浸けられる水温でした。パパさんの新作川遊びおもちゃ。ココ↑とか、ココ↓を咥えるとイイんだけど・・・ココ↑を咥えると前が、見え難いよぉ~水量が少なく流れが緩やかだったので、今回は、ライフジャケット無しで遊びました。パパさんが、投げたボールを追いかけて潜って取ってきます。潜った後は、別犬パル。パルのことをデブと言った...
4

出会いのウチノ海運動公園

5月10日と18日、二週連続で鳴門市のウチノ海運動公園へ行きました。公園でやることは、何時も一緒。だけど、ヴィヴィは、居ない。リフティング練習中のパル。この時、ヴィヴィは、長く持つ硬いおやつをひたすら食べて待っていたのに。10日と18日で違ったのは、18日は、色々な出会いがあったことです。少女軍団に囲まれて可愛いってちやほやされているパル。その時のパルは、こんな顔。固まってます。大勢の人、特に子供に囲まれる...
4

たくさんの感謝の中で過ごしています

ヴィヴィのベッド、おもちゃ、洋服、そしてあちこちに残る噛み跡、ひっかいた跡。まだどこもかも生きていた時のままです。パルだけ連れて行くのは、ヴィヴィに申し訳ない気がしながら毎朝夕散歩に出かけています。今朝の散歩広場は、強風。12年近く前から通い続けている広場です。12年前は、ヴィヴィは、勿論若かったですけど、私も若くて、今と比べると怖い物知らずな点が、ありました。広場を囲う山の一つに登ったらどんな景色が...
4

こんなにお花がいっぱいの中で君は・・・

逝ってしまった。 2014年5月7日8時30分 ヴィヴィは、虹の橋を渡って遠くへ行ってしまいました。ビデオは、亡くなる24時間前のものです。24時間前は、ダム湖で泳いでいました。二年一か月前に発症した変性性脊髄症(未確定)の進行が、ゆっくり目なので、治療は、しっかり進めていても気持ちの上で油断していたら、ほんの3~4時間の間に一年分一気に進行したような状態で、四肢共にぷらんぷらん状態に。この病気の末期は、呼吸困難に...
24
該当の記事は見つかりませんでした。