ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

今年はいただく立ち場に

技ありでしょ、この咥え方。定番散歩広場の草丈が、一番良い季節です。雑草茫々になるのも時間の問題。今年もパパさんと二人で、草刈ボランティア、頑張らねば。その定番散歩広場で嬉しい発見。昨年の秋にこぼれ種で、庭に生えていたランタナをめちゃめちゃいい加減な引っこ抜き方をして、定番散歩広場にスコップを使わず、素手で穴を掘って、めちゃめちゃいい加減な移植をしたのが、何と、根付いて新芽が、育っていました。ランタ...
1

初めて三角 ラダー完成

三角の前に、奇跡の一枚を。動物病院で、小型犬の飼い主さんに『30・・・何kgですか。』って聞かれたけど、47kgのリリーちゃんと並んで、コレだと、実体重の5割増しに見られても仕方ないかな。( ノД`)『久しぶり、リリーちゃん。』動き回って上手く撮れない。スマホで、何枚も撮ったら一枚だけ奇跡的に二頭が、画面に治まって、しかもパルが、カメラ目線をしている画像が、有りました。(一枚目の画像)おまけ画像。マズルが、カモノ...
2

裏の顔は、茹で蛸

雨の朝、散歩に行ったら、晴れの日には、錆びた鉄色で、渦潮を模った建物に見えていたのが、茹で蛸に見えました。イイ色に茹で上がってぶつ切りにされた蛸の足に見えませんか。丸窓は、蛸の吸盤。ちなみに吸盤の大きさが揃っているのが、メスで、大きな吸盤が、混じっているのが、オスだそうで、メスの方が、柔らかいので、茹で蛸を買う時は、吸盤を見て選ぶと良いそうです。『ボク、お魚は、大好きやけど蛸は、食べたらあかんねん...
2

足が、治ったのでお花見

パルが、足を痛めたので桜満開の週末なのにお花見は、諦めていましたが、土曜の夜に歩くだけなら大丈夫なくらいまで回復したので、翌、日曜日、お花見決行。行先は、淡路島公園の中でも場所が判り難いので訪れる人が少ないお花見の穴場です。この坂道のカーブを曲がると・・・花曇りの空の下、期待していた以上に綺麗な満開の桜が、出迎えてくれました。前日の土曜日は、お花見日和だったので、訪れる人が少ない場所とは言え、それ...
2
該当の記事は見つかりませんでした。