ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

初体験

4   0

初めて、市営温泉「ゆーぷる」に行った。
銭湯は、長女が、大学入学の時、マンションのガスが、出なくて、
近くの銭湯に行って以来。
たまには、広々とした風呂も良い物だと思った。
聞いていた通り、よく温まって、自宅のお風呂より、ずっと湯冷めし難かった。
普段、一人でお風呂に入っているので、シャワーの使い方など、考えたことも無かったけど、
昨夜は、背中合わせで、洗っていた人が、何か、言っていると思って、振り返ったら、
私が、使っていたシャワーが、後ろの人にジャージャー当たってた。(;^_^A
ボトルが二個並んで、いたので、文字を読むと一個が、リンス。
なので、もう一個は、シャンプーだと思い込んで、
洗髪したら、毛が、ガサガサで、ボトルの文字を読んだら、
ボディーソープだった。【><。】
初めてだと、失敗ばかり・・・・って、私だけかなぁ。
サウナも挑戦してみたかったけど、扉を開けただけで、断念。
お風呂も熱いのが、苦手なので、サウナは、無理。サウナで頑張れば、ダイエット効果が、ありそうなんだけど。
今晩の温泉は、行きたくて行ったわけじゃなくて、ヴィヴィとの散歩で、顔なじみになった温泉の職員さんが、入浴券を下さったので、一度くらいは、入浴して、感想を話しておかないと、申し訳ないと思って行っただけだったけど、意外にも本当に意外にも病みつきになりそうなくらい、すっきり気持ち良かった。
よく、食べず嫌いと言うけど、今回は、入らず嫌いで、長いこと損していた気がする。
20060219213033.jpg

スポンサーサイト

4 Comments

ぺん吉 says..."スーパー銭湯だね"
 浜松の極楽湯が懐かしい。
 当初リンス入りシャンプーとボディーシャンプーの2つに分かれていたけど、その後リンス入りシャンプーはリンスとシャンプーに分れ、計3種になった。
 昔からの銭湯は女性の髪代が洗い代がかかったけどスーパー銭湯はかからないよね。
 また行きたい?
2006.02.20 12:17 | URL | #22EGc9UE [edit]
まゆまゆちゃん says..."勿論、又、行きますよぉ~ん♪"
ペン吉さんから、極楽湯の話は、聞いた事ありますね。
そういえば、学生時代、銭湯の入り口で、入浴料金を払うとき、シャンプーしますかと聞かれましたね。
あれって、番台のおばさん、おじさんは、シャンプーしないと言って、お金を払わなかった人が、ほんとにシャンプーしていないか、チェックしていたんでしょうかね。
土日だけで、しかも女湯だけのスペシャルサービスで、磨き塩のボトルも置いてありましたよ。
ボディーソープで、洗ってから、磨き塩で、磨いたら、すべすべ、20歳のお肌になった・・・というのは嘘ですけど、けっこうすべすべお肌になりました。
2006.02.20 21:10 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]
ぺん吉 says..."磨き塩"
 そんなにすべすべになるの?
 何でだろう? 単なる塩だろう?

 以下参考まで。
 3か月くらい前読んだ 落日の宴―勘定奉行川路聖謨(吉村昭著) の川路は、風呂に入ると健康のため必ずタマタマを塩で磨いたそうだ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062079267/249-8129907-2877145
 
 
2006.02.21 12:21 | URL | #22EGc9UE [edit]
まゆまゆちゃん says..."単なる塩じゃなかったです"
三温糖のような薄茶色をしていて、練状になっていました。
塩という感じは、しなかったけど、塩と書いてありました。
けっこう高価な品のようです。
気に入ったら、フロントで、お買い求めくださいという宣伝の品でした。

小説の川路って、頭脳、判断力、人格ともに卓越したとか、豊かな人間性にあると書いてありました。
頭が良くて、豊かな人間性の人が、何の為に塩で、偶偶(?)ちゃんを磨いていたんでしょうね。より頭脳明晰になれるのかしら。
2006.02.21 21:48 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/124-3c51ea07
該当の記事は見つかりませんでした。