ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

扇子の季節

0   0

早い梅雨入りに気が重いです。
が、早速、中休みの晴天。

0601-2.jpg
暑がりパル君は、散歩に扇子が、必須の季節になりました。

0601-1_20130601210735.jpg
10分に一回くらいの割で、休憩を入れながらボールと引っ張りっこのおもちゃで遊んでいます。

0601-4.jpg
随分丈夫な引っ張りっこのおもちゃだったけど、そろそろ限界かな。
引っ張りっこだけでは、運動にならないと思って、ボールも使うようになってから、引っ張りっこのおもちゃを咥えたままボールを追いかけて走るようになったので、この二つのおもちゃで、けっこう運動量を稼げるようになりました。
ボールを使わなかった頃は、私が、引っ張りっこの相手役を朝夕それぞれ30分くらいやっていました。
おかげで、右腕が、肩より上に上がらなくなったり包丁が、握り難くなったりしていました。
ボールを使うようになって引っ張りっこの相手は、10分×2回に減り、肩の具合も良くなりました。

0601-3.jpg
このお方は、友達犬のナナちゃんが、来ない日は、運動不足です。

0601-5.jpg
その運動不足のヴィヴィは、獣医師さんの勧めで二か月前からフードを腎臓病の療養食に変えています。
トッピングのお肉も以前は、牛肉が多かったのですが、今は、鹿肉と鶏軟骨にしました。
療養食の方が、以前のフードよりカリローが20%も高いので、給餌量を減らしているのですが、20%も減らすと可哀想な気がして10%しか減らしていないので、体重が増加している気がします。
フードを変えた効果があったかどうか、6月8日に検査してもらいます。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1347-294b0f02
該当の記事は見つかりませんでした。