ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

出版祝い+越前カニツアー

4   0

友達の歌集出版祝い旅行に参加しました。
行先は、福井県。
地元の友達が、企画してくれたおかげで、越前ガニを満喫できる良い宿で盛大にSさんの歌集出版祝いを行えましたし、雪の永平寺、冬の日本海、スケールの大きさが圧巻の恐竜博物館、名物のソースかつ丼、全て堪能できました。

1214-27.jpg
お世話になったAさん、Kさん、ありがとうございました。

12月14日(土)
超寒がりの私には、厳しい寒波襲来の日でした。
北陸仕様の服装で大阪駅12時12分発サンダーバード19号で友達四人と福井へ向かいました。
福井駅で三重、石川、福井のメンバーと合流し総勢12名が、福井のメンバー運転の3台の車に分乗して永平寺へ向かいました。

1214-1-2.jpg
雪の永平寺に15時着。

1214-2_201312180155404a8.jpg
地元のメンバーが、永平寺の檀家なので、修行中の僧侶に案内を依頼してくれました。
(お布施も代表でしてくれました。ありがとうございます。)

1214-3_20131218015708f26.jpg
ウン十年前の紅葉の季節に来たことがある永平寺。
雪の季節の方が、大本山らしく感じました。

1214-5_20131218015710cab.jpg
修行僧にカメラを向けるのは、禁止です。
大香炉を撮ったら写りこんでしまいました。スイマセン

1214-8_2013121801574980d.jpg
傘松閣は、フラッシュ撮影禁止です。

1214-6_2013121801571211f.jpg
修行僧は、当然なのでしょうけど、素足でした。
半年の食事当番(修行)の間は2時半とか3時半に起床するそうです。
中には、12時半に起床する僧もいるとか。
修行僧と同じ年代の子を持つ母として、息子を修行に出している間の母親の気持ちが自然と慮られました。

1214-9_20131218143432bd9.jpg
一時間近くにわたって案内していただいた後、

1214-7_20131218015713058.jpg
次の目的地・地元メンバーのKさん宅へ向かいました。
ここまで、北陸仕様の服装のおかげで、思ったほど寒く感じずに済みました。

Kさん宅で、愛猫二匹と戯れ、猫自慢を拝聴後、宿へ向かいました。
宿は、港の真ん前。
荒れた暗い海から聞こえてくる大波の音が、怖かったです。

1214-12.jpg
東尋坊の近く、雄島の向かいの宿に到着後、即、出版祝賀会開催です。
Kさんが、作ってくれた祝賀幕です。

1214-28.jpg
司会者のFさんと乾杯の音頭を取ってくれたMさん。
宴会芸の無い私は、何時の間にか祝辞係りになっていました。

1214-11_20131218143433851.jpg
手前右の人が、宿を予約してくれた地元のAさん。

1214-13.jpg
お待ちかねの越前ガニが一人に一匹ずつ並びました。
本物の越前ガニの証のタグ付です。
大きな越前ガニをまるまる一匹食べて大満足でした。

1214-14.jpg
Aさんが、厳選して予約してくれた宿だけあってどのお料理もおいしく量も多くて満腹になりました。

1214-15.jpg
食事の後は、芸達者な人達が、それぞれの芸を披露。
詩集の作者のSさんが、全国大会に出場したほどの自慢の喉で詩吟を聞かせてくれました。
Mさんは、仕舞を披露してくれました。


12月15日(日)

1214-16.jpg
宿の朝食です。
超敏感肌の私は、出発の前日に顔の肌にピリピリ感を覚え肌荒れ状態だったのに、宿の温泉効果なのか、朝は、(年相応の)ツルツル肌に戻っていたのが、嬉しかったです。

1214-18.jpg
宿の向かいの雄島と荒れた日本海。
昨日は、雪と雨、今朝も冬の北陸のイメージ通り風が強く曇り空です。
旅行に行って雨だったり風が強いとガッカリなんですけど、今回は、イメージ通りのお天気で、逆に納得できました。

1214-24.jpg
本日の目的地、勝山市にある恐竜博物館が、見えてきました。
福井でも雪の多い地域なので、博物館に近づくにつれて積雪量が増えていきます。

1214-22.jpg
大きな恐竜が、出迎えてくれました。
本日は、月に一度の入館料無料日。ラッキー

1214-21.jpg
想像していたよりはるかに大きな施設でした。

1214-20.jpg
工夫された展示の仕方が、とても良かったです。
おばさん達が一番興味を示したのは、恐竜のレプリカより世界各地で採掘された様々な鉱石類だったかもです。

1214-19.jpg
旅行中に届いていた画像処理ソフトを早速使って邪魔なカップル↑を消してみました。↓
1214-19-1.jpg
が、恐竜の足も消えてしまいました。
なので、ソフトに頼らず自己流で消してみました。↓
1214-19-2.jpg
この恐竜は、リアルな動きをするので、小さな子は、怖がりそうです。

1214-25.jpg
Aさん、Kさん、恐竜博物館は、犬連れで入館できないのが残念だけど、家族、特に孫を連れて行きたい施設No.1
になりました。
ホントに良い所に連れて行ってくれてありがとう。

1214-26_20131218112503068.jpg
旅の〆は、福井名物のソースかつ丼。
Kさんお勧めのお店に連れて行ってもらいました。
初めて食べるソースかつ丼は、美味しい上にボリューム満点でした。

旅の計画を立ててくれ二日間運転手をしてくれたAさん、Kさん、祝賀会の式次第を考えて準備してくれたFさん、
一番遠くから参加の高知のMさん、初めましての大阪のSさん、北陸女子会のみなさん楽しい二日間をありがとうございました。
そして、Sさん、改めて歌集の出版、おめでとう。
次の歌集の出版もみんなで集まれることを含めて大いに期待しています。

スポンサーサイト

4 Comments

プルートパパ says..."豪勢な福井の旅ですね!"
冬の永平寺神秘的ですね、味覚,景観、歴史と文化
写真に素晴らしさを共有させていただきました。
さすが名カメラマンのまゆまゆちゃんです。
2013.12.19 23:23 | URL | #- [edit]
ミルクママ says..."No title"
冬の福井、雪景色を堪能して見どころもいっぱい美味しいものもいっぱい!
しかもお友達が揃って、賑やかに「女子会」羨ましい旅です
きっと雪をも融かす熱気だったのでしょうね
いつまでも親交を温めて、詩集の出版祝いにこれだけの人が集うなんてまゆまゆさんはじめ皆さんのお人柄人望がうかがえて感心してしまいます
次は~お孫さんを連れて恐竜博物館と雪合戦ですね
2013.12.21 17:08 | URL | #BNF5UjbU [edit]
mayumayu says..."ミルクママさんへ"
お返事が、年を越してしまいました。ごめんなさい。
ミルク家も遠いけど、ぜひ、恐竜博物館へお孫さんを連れて行ってあげてください。
うちも、あと二~三年したら喜ぶ歳になるので、連れて行きたいです。
寒さが大の苦手な私ですけど、北陸は、やはり冬に行くのが、イイと思いました。
2014.01.07 02:55 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."プルートパパさんへ"
本当は、寒いから少々憂鬱だったのですが、出かけてみると雪も荒々しい日本海の波もこの季節に来て良かったと思わせてくれました。
永平寺では、修行僧さん達の親の気持ちになってしまいました。
2014.01.07 02:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1387-941f2401
該当の記事は見つかりませんでした。