ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

2014年初動物病院と淡路島公園

2   0

今年初の動物病院。
ヴィヴィの尿と血液の検査と変性性脊髄症の進行度合いを診ていただきました。

0125-20.jpg
尿の比重は、1.032で、一年ぶりで辛うじて正常値の範囲に収まりました。
水素水効果だと思いたいのですが、フィラリア薬やノミ・ダニ予防薬を服用しない冬季に正常値か正常値に近い結果が出るのは、全くの素人考えですが、予防薬が、腎臓の負担になっているのではないかと疑わずにはいられません。
比重が、正常値になっても脱水気味だそうで、それは、腎機能の低下を意味しているそうです。
白血球が減少して結果として抵抗力がダウンしているので留意が必要です。
服用しているステロイド剤の副作用でALPが高めですが、それは、問題無い値だそうです。
ステロイド剤の副作用と運動量減少による体重増加が、心配でしたが、ほぼ前回12月7日の検査日と同体重でした。
肝臓薬とステロイド剤を次の検査日の3月末までの分をいただいて帰りました。

0125-19.jpg
検査の後、私は、今年初、パパさんとヴィヴィ、パルは、今年二度目の淡路島公園に来ました。

0125-13_20140129141454d44.jpg

0125-1_20140129141203abc.jpg
ヴィヴィは、10日くらい前から足の具合が良いので、笑顔です。

0125-18.jpg
公園に来る前にホームセンターでボールを買いました。

0125-10_201401291413080c9.jpg
パル用に買ったボールだったけど、
今日は、ヴィヴィの方が、ボールに夢中です。↑↓
0125-11_20140129141452f05.jpg

0125-9_20140129141312556.jpg
ヴィヴィの公園遊びの必需品も登場。

0125-8_20140129141310427.jpg
パルのボール遊びは、豪快です。↑↓
0125-15_20140129141456a7e.jpg

0125-6_20140129141307216.jpg
ハンドは、反則?  

0125-7_20140129141309f83.jpg
足の具合が悪い時は、パルを追いかけて走る気なんてまるで無かったヴィヴィが、何度もパルを追いかけていました。

0125-2_2014012914120483f.jpg
暖かな土曜のお昼前なのに貸し切りの淡路島公園で嬉しい。

0125-17_20140129141536ccc.jpg

0125-16_20140129141535bdf.jpg

0125-14_20140129141455b60.jpg

0125-5_201401291443319bd.jpg
ヴィヴィの笑顔を見ていると連れて来てあげて良かったと思えます。
一年後もこの笑顔で走っていられますように。


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





スポンサーサイト

2 Comments

プルートパパ says..."温かい休日"
元気に走る二頭のボーダーコリーとハンドラーさんの休日
の様子微笑ましく拝見しました。
これからは色々な花の季節ですね。
2014.02.02 14:04 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."プルートパパさんへ"
はい、花の季節が、楽しみですが、淡路島公園も定番散歩広場もコレと言った花が無くて、寂しいです。
花の季節の前に鼻の季節到来です。今年の花粉は、昨年より少ないそうですけど花粉症の私にとっては、嫌な季節です。
2014.02.05 11:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1391-991de53d
該当の記事は見つかりませんでした。