ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

自衛隊機現る

2   0

昨日の夕方の散歩時に自衛隊のトラックが、広場に駐車していました。
隊員さんが2人くらい乗っているようでした。

0213-1_20140213164324480.jpg
今朝は、そのトラックが、広場の別の場所に移動していました。
トラックの隣には、仮設の電波塔が、建っていました。
暫くするとナナママさんが、やって来たので、野次馬おばさん二人組で、今から何が始まるのか、聞きに行きました。

0213-2_20140213164325e89.jpg
すると8時20分にヘリコプターが、到着して、南海地震の訓練が、始まると教えてくれたので、それまで二人+3わんこで待つことにしました。
教えてくれた隊員さんに『昨日の夕方も散歩に来ていましたね、熱心ですね。』と言われました。
別に熱心な訳じゃないです。サボれるものならサボりたいです。
けど、そこは、A型人間なので、雨が降ろうが、雷が鳴ろうが散歩は、休んではいけないものとコチコチの頭で、思い込んでいるんです。

昨日の朝は、歩行補助ハーネスを付けていたヴィヴィなのに今朝は、すっかり復活して、隊員さんに『タイプや!』とばかりに抱き付く始末。
犬好きの隊員さんだったので、良かったです。

0213-3_20140213164326ba2.jpg
ヘリコプターが、到着するのを高台に移動して待っていました。

0213-4_20140213164328f4e.jpg
7時50分に姫路駐屯地を離陸した(無線で話しているのを盗み聞き)ヘリコプターが、予定通り8時20分に広場に着きました。
耳が、遠くなったヴィヴィ君、ヘリコプターの音に無反応です。

0213-5_20140213164331790.jpg
パルは、少し驚いた様子でしたが、それだけです。
怖がると思ったので意外でした。

0213-6_20140213164353351.jpg
想像していたのより大きなヘリコプターが、広場の小石を巻き上げ、周りの木々を揺すって着陸する様子は、迫力があって野次馬おばさん的には、感動ものでした。
わんこ達の反応が、イマイチ薄かったのが、面白くなかったです。


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

スポンサーサイト

2 Comments

プルートパパ says..."ヴィヴィ君元気でね"
温かくなると具合が良くなるかも知れませんね~
ハーネスが取れてよかったですね。
パル君兄ちゃんと遊んで元気づけてあげてね。
2014.02.13 22:09 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."プルートパパさんへ"
> 温かくなると具合が良くなるかも知れませんね~
はい、そうだとイイのですか。
4月で、足の麻痺が、発症してから二年になります。
何とか、現状維持で14歳の誕生日を迎えさせてあげたいです。
2014.02.15 02:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1394-192a7be2
該当の記事は見つかりませんでした。