ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

草刈ボランティアと長~いマテ!

4   0

夏の散歩で嫌なのは、高温と紫外線とダニ。
もっと嫌なのが、除草剤散布。
定番散歩広場は、4月~9月くらいの間、定期的に除草剤散布があります。
ヴィヴィが、若い頃は、広場全体に散布するし散布回数も多かったです。
今は、広場で、犬が遊ぶことに理解をして下さっているし、私も広場やその周辺の放置ウンチゼロを目指して取り組んでいるので、パルやナナちゃんが、主に遊んでいるエリアには、除草剤を散布しないでいてくれますが、あまり草丈が伸びるとそろそろ除草剤散布するのではないかとハラハラします。

0617-2_20140617111345115.jpg
なので、パパさんが、広場の雑草狩りボランティアを始めました。
家にある芝刈り機は、交流式のばかりだし草刈機だと大き過ぎて、散歩のついでに持って行って使うのは、無理があるし、草刈鋏だと時間がかかり過ぎるし・・・仕方なく充電式芝刈り機を買いました。

0617-1_20140617111344b5b.jpg
『パパさんが草刈している間、ボク、退屈。』・・・
これで、パルやナナちゃんが、遊ぶエリアだけでも除草剤から守りたいです。




6月4日に生まれた孫姫。
6月8日に退院して我が家に来る予定だったのが、6月20日まで延び延びになってしまいました。
6月8日に退院したのですが、翌日に黄疸治療の為に一日入院。
その後、13日に再検査があり、この結果は、良好でしたが、17日に生後二週間検診があるので、帰省は、その後の週末ということで、20日になってしまいました。

0611-2_20140616151016bce.jpg
(次女宅から見えた虹)

私は、たびたび神戸の次女宅へ家政婦さんとして出かけているので孫の顔を見られていいのですが、未だに孫と対面できていないパパさんは、待ちくたびれて17日の検診が終わった時間帯に迎えに行くと言い出しました。
ところが、17日は、新米パパの誕生日。
誕生日に仕事から帰宅したら嫁も娘も居ないのでは、可哀想だということで、一家揃って帰省できる20日に決定。
首を長~くして待っているパパさんと義母。今は、どくろ首状態です。

0611-1_20140616151015abe.jpg
次女宅から明石海峡大橋が、見えます。




0606-1.jpg
パルの狂犬病予防接種に行きました。
待ち時間に近所の公園を散歩していたらヴィヴィと同い年で後ろ足が、不自由なイエローラブ君に会いました。
後ろ足をかばいながら歩く姿にヴィヴィを思い出しました。
ヴィヴィの分も長生きしてね。

0606-2_20140616151012d2b.jpg
イエローラブ君が、写真を撮ってもらっていたのと同じ場所で、パルも撮影。




0616-1_2014061615193372f.jpg
種から育てた八重咲きコスモス。
ポンポン咲きと書いてあったけど・・・期待していたほど、ポンポンじゃなかったです。

0616-2_201406161519342dd.jpg
アジサイが、咲き始めたので、ヴィヴィのお墓に飾ってあげました。
明日、ヴィヴィの墓石を作ってもらう石材店へ打ち合わせに行きます。

スポンサーサイト

4 Comments

プルートママ says..."もうすぐですね。"
孫姫さんのお世話等でお忙しい毎日ですね。本当におめでたいことですね。20日はもうすぐですね、ご家族の皆様、特にご主人様、お義母様はその日が待ちに待った日ですね。
高速バスでご次女様宅に通われていたのですね。何かと大変でしたがもう少しの間ですね。松山市からも高速バス梅田駅まで出ていますが、まだ利用したことが有りません。明石海峡の夜景は綺麗ですね。何度も見ました舞子ビラからの夜景は今でも忘れられません。電球の色が変化するのが綺麗ですし途切れなく車が通過している光景を思い出します。いい所に住んでいるのですね。
ヴィヴィ君のお墓に紫陽花を飾る姿を想像しています。墓石もお洒落でヴィヴィ君が喜ぶ品が出来あがることでしょうね。紫陽花等沢山咲いていてお花が綺麗です。ご主人様も愛犬のために電動草刈り機買ってお優しい思いやりの心が御立派ですね。
今になって思えば鴨川でお会いしたかったですね。
2014.06.18 01:22 | URL | #- [edit]
プルートパパ says..."愛犬とのシニア夫婦物語"
20日になり、今頃は温かいご家庭にお孫さんと娘さんが来られパパさんと祖母様は
喜び一杯の笑顔で毎日お過ごしでしょうね。

こんばんは~今テレビで愛犬とシニア夫婦のドラマをやっていました。
村上龍 第二話 「ペットロス」でした。

愛犬の名前は奇しくもボビーでした、病気の愛犬が亡くなって夫婦の絆が強く結ばれる
なかなかの名ドラマでした。
2014.06.21 22:08 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."プルートママさんへ"
いつも心のこもったコメントをありがとうございます。
実は、20日に次女夫婦が、帰省したのですが、22日にパパが帰る時、次女と孫姫も一緒に帰ってしまったんです。
やはり慣れた自宅の方がベビーの世話をするのに都合がよいそうなんです。
パパは、子育てをよく手伝ってくれる育メンなので、二人だけで問題無いようです。
私もパパさんもあと一週間居る予定だったので、ガッカリですけど、また神戸へ会いに行きます。

2014.06.23 16:16 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."プルートパパさんへ"
私もそのドラマを見ました。
柴犬の名前が、ボビーなので、プルートパパさん、ママさんもご覧になっていたらいいなぁと思っていました。
ドラマのボビーママさんの介護の様子を見ていると、ほんの10時間くらいの間に急変して逝ってしまったヴィヴィですけど、その10時間の間、もっとしてあげられことがあったのではないかと後悔しました。

孫姫のことは、プルートママさんのコメントへのお返事の通りです。
寂しいです。
2014.06.23 16:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1413-4a87564c
該当の記事は見つかりませんでした。