ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

理解不能で不安

6   0

ヴィヴィの墓石を注文した石材店へ打ち合わせに行ってきました。
出迎えてくれたご主人の作品。

0619-2.jpg
・・・・理解できない芸術性
ズボンの部分は、コンクリート。靴は、黒御影石です。

0619-5.jpg
がま口。

0619-3.jpg
ペンケースのような形をした石にファスナーが付いています。
一つは、本物のボトルが、入っていました。

ヴィヴィの墓石をどんな風に作ってもらえるのか、不安になってきましたが、
こんな可愛い作品もありました。
0619-6.jpg

0619-7.jpg

0619-4.jpg

もうすぐ四十九日です。
それまでに間に合うと思っていた墓石。
打ち合わせは、時間を約束して行ったのに、ご主人は、仕事に出てお留守でした。
奥様が、仕事先に電話して下さって電話での打ち合わせになりました。
そんなこんなで、墓石の完成は、何時になることやら・・・お盆までには、間に合わせて欲しいなぁ。




0619-8.jpg
ボーダーコリー繋がりのお友達・プルートパパさんが、ヴィヴィを描いて下さいました。
毛の一本一本を丁寧に描いて下さっています。
足が、不自由なままで逝ってしまったヴィヴィが、今にも力強く走り出しそうな感じに描いて下さったのがとても嬉しいです。
↑の画像では、判りにくいのですが、背景を野原のように描いて下さっています。その処理の仕方も素敵です。
元気をもらえそうなヒマワリのアレンジメントは、ご自身が、難病と闘っていらっしゃるボーダーコリー繋がりのお友達から、届きました。
ご自身のことで精一杯でしょうに、ヴィヴィのことを気にかけて下さって申し訳ないのと感謝の気持ちでいっぱいです。

アニコムからお悔やみのメッセージカードが届き、JKCからは、裏に「死亡」と赤いスタンプの押された血統書が、返却されてきました。
まだヴィヴィは、傍にいてくれる気がしているのに現実を突きつけられた気がして悲しいです。




0619-1.jpg
パルと定番散歩広場で遊んでいたら誰かがやって来るのが、見えました。
急いでパルを呼び戻したら、やって来たのは、手に草刈バリカンを持ったパパさんでした。
普段は20時頃帰宅するのにこの日は、早く帰宅できたので広場の草刈に来たのでした。
遊んでもらえると思って待っているパル君です。




0623-プッチホーリー
フクシア プッチホーリーが、満開です。

0623-3.jpg
ユリが、開花しました。


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト

6 Comments

ら~ま says..."ひさしふりに"
こちらに コメント

本当 不安になる お仕事ぶりですね
せめても 御盆までには ですよね

ら~ちゃんは 共同墓地に納骨
なにか うちにあっても 誰かてを合わせてくれるかなって
分骨して そばにも いるけど

そばで みまもられてるよ
ご家族を~
そしてそらみて LOVEらしき雲みつけて
にっこり してるよ
うち( 〃▽〃)あやしい おばちゃんかも
2014.06.23 19:07 | URL | #- [edit]
ラフィ&あみまま says...""
太字の文
お久しぶりです。 お忘れかもしれませんが、
キャンパパつながりのイエローラブラフィ&あみままです。

このところ訃報続きで、気が沈んでいます。
昨日もお友達が。。。
ヴィヴィちゃん、5月7日にお空に帰っちゃったんですね。
心からお悔やみ申し上げます。

お墓はどんなふうに仕上がるのでしょう。

脊椎変形症は老犬なら、すべてあると思っていました。
もちろん15歳のラフィあみにもレントゲンでくっきり。
ラフィは5月13日に15歳になりました。
誕生日前に、後肢がぶらんぶらんになり、麻痺で
もう歩けないと言われましたが、独断でステロイド
を飲ませ、現在ナックリングしながらも歩いています。

お墓の完成が待ちどうしいですね。
また、寄らせていただきます。










一時足がブランブランになって麻痺と言われましたが、
ステロイドで持ち直しました。
ナックリングしなgら歩いています。
2014.06.25 09:04 | URL | #CyRHDJbo [edit]
mayumayu says..."らーまさんへ"
うちは、庭の隅に埋葬したので、遺骨を拾うことができませんでした。
火葬場で火葬してもらったら遺骨を肌身離さず持っているつもりでしたから、
それができない点が、寂しいです。
パパさんは、朝一で、仮のお墓にお線香を立てて、仕事から帰宅したらソーラーライトをお墓の両脇に立て夜中も暗くて寂しい思いをしないようにしてあげています。
私は、毎朝、お水とお花とおやつを取り換えてあげています。
でも、仮のお墓なので、しっくりきません。
早くきちんとした墓石を建ててあげたいです。

>そしてそらみて LOVEらしき雲みつけて
にっこり してるよ
うんうんその気持ち判ります。
そういうのって嬉しいですよね。
2014.06.27 21:39 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]
mayumayu says..."あみままさんへ"
超が、いくつもつくほどご無沙汰しています。
コメントを下さってとても嬉しいです。
脊髄の中にトゲのような骨ができるのは、老犬の多くに見られる症状だそうですけど、それと変性性脊髄症とは、違うようです。
変性性脊髄症は、レントゲンは、勿論、エコー検査でもMRIでも断定できない病気です。
死亡してから解剖して初めて断定できる病気です。
決定的な治療法が無い中、ヴィヴィもステロイドを服用していました。
もう一年は、頑張れると思っていたので心構えの無い中、急に逝ってしまったので、後悔することが多いです。

キャンパパさんのことは、本当にショックでした。
良い人ほど、先に逝ってしまうんですね。
GRT界の損失ですよね。
ヴィヴィは、虹の橋の向こうで、富士君に会っているかなぁって思います。
更新の少ないblogですけど、また覗いて下さると嬉しいです。
ありがとうございました。
2014.06.27 21:48 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]
プルートパパ says..."ヴィヴィ君のこと"
ヴィヴィ君のいない現実を思い知ることはつらいです、明るい楽しい方向に感謝の想いを切り替え日々を過ごしたいですね。

ヴィヴィ君の墓石立派のが出来そうです。

イラスト肖像、額装スタンド拝見いたしました、ありがとうございます。

2014.06.29 11:00 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."プルートパパさんへ"
> ヴィヴィ君のいない現実を思い知ることはつらいです、明るい楽しい方向に感謝の想いを切り替え日々を過ごしたいですね。

はい、その通りです。
でも、二か月近く経った今の方が、もう一度ヴィヴィに会いたい、撫でてあげたいと言う気持ちが、強くて辛いです。
写真を見るだけで涙が出てきます。
パルは、一人っ子の生活に少しずつ慣れてきたようです。

いただいたスケッチは、もっとふさわしい額が見つかればよいのですが、とりあえず、新品のが、家にあり、サイズが、合うので入れました。
その内にもっと絵が生きる額を見つけますね。
改めてありがとうございました。
2014.07.01 23:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1414-959ec01c
該当の記事は見つかりませんでした。