ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

ヴィヴィの墓石 設置

4   0

ヴィヴィのお墓に墓石を仮据えしました。

0828-2_20140829165334ab3.jpg
後ろ足に軽い麻痺の症状が出たまま逝ってしまったヴィヴィなので、不自由無く元気に走り回っていた頃の写真を墓石には、残してあげたくてこの画像を選びました。
とても良い笑顔で颯爽と走るヴィヴィです。
黒御影に写真を転写して細かい砂を吹き付けて凹凸を付け、画像が劣化し難くしてもらっています。

出かける時は、必ず『言って来るね!』と話しかけています。
パパさんが、朝一で、お線香を供え、私は、お水とお花とおやつを供えています。

0827-3s.jpg
そのおやつを狙うカラス目がけて放水開始。
カラスは、上の枝に避難してまた戻ってきました。
パルにおやつを取られても、友達犬におやつを取られても怒らなかったヴィヴィだから、
お供えしたおやつは、カラスにあげることにしました。その方が、ヴィヴィが、喜びそうですから。





0829-1.jpg
製造中止になっていたヒーロー社のBubbles235が、リニューアルして発売になったので、早速注文しました。
今まで使ったフリスビーの中で、一番パルの口に優しく一番耐久性があって気に入っています。

0829-2_20140829165047b20.jpg
気泡が均一に入るようになったとショップのオーナーさんが、納品書に書き添えてくれてました。
朝夕、随分涼しくなったのでこのフリスビーを持って明日、淡路島公園で遊んでくるそうです、パパさんは。
私は、友達のお見舞いに大阪へ行ってきます。
久しぶりの都会だぁ。


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

スポンサーサイト

4 Comments

芽琉家 says...""
立派で素敵な墓石ですね。
ヴィヴィ君に対する優しい思いが伝わってきます。
今頃、空の上で気持ちよく走り回っているでしょうね(^^)

パル君は、パパさんと新しいフリスビーでいっぱい遊べたかな(^^)

関東もいきなり涼しくなってしまいました。
28日に今年最後の川遊びを予定していたのですが、
お天気が悪くて断念(ーー)
また来年もいけるといいな~って思っています。
日にちが合えば、またご一緒させてくださいね。
2014.08.30 12:51 | URL | #QJvdyeNQ [edit]
ピーママ says...""
ヴィヴィくんらしい、元気に走ってる様子が伝わってくる
いい写真ですね♪
きっと、お空の上でヴィヴィくんも、喜んでるでしょうね。
オヤツを取られても、怒らなかったヴィヴィくん
優しいね。

ピーターは、今は近所の夢ちゃん、まだ一歳ですが
大好きで、突撃されて倒されても、全然怒りません。
ヴィヴィくんもピーターも優しい兄弟ですよね。

パルくん、新しいディスクで、パパさんと今日は遊んだんですね。
涼しくなってきたから、パルくんにもいい季節になりますね~♪
2014.08.30 13:01 | URL | #bhhZubZs [edit]
mayumayu says..."芽琉家さんへ"
墓石のヴィヴィを見ると、私の話しかける声を本当に聞いてくれている気がして、墓石の前にいる時間が長くなりました。
今年は、関西より関東の方が暑い夏でしたけど、さすがに関東も涼しくなりましたか。
28日は、川遊びを断念されたそうですけど、平日にお出かけできるのは、イイですね。
我が家は、31日に徳島へ川遊びに行きました。
あと最低でも一回は、徳島へ川遊びに行きたいです。
来年、またあの場所で、芽琉家さんとご一緒できたら嬉しいです。
一年先まで待つのが、長いなぁ・・・
2014.09.01 15:05 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]
mayumayu says..."ピーママさんへ"
ヴィヴィの足が不自由じゃなかった頃を懐かしく思い出します。
もう一度全速力で走らせてあげたかったです。
根っからの牧羊犬ヴィヴィですから墓石の前には、羊の置物を置いてあるんですけど、お墓の中で、お仕事をしたくてうずうずしているんじゃないかと思ってしまいます。
夢ちゃんてボーダーコリーですか。
ピーちゃんは、夢ちゃんの前では、お兄ちゃんの顔してるのかなぁ・・・
そんなピーちゃんに会いたいなぁ。
2014.09.01 15:10 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1425-6398f940
該当の記事は見つかりませんでした。