ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

親子とも復活&嬉しいバラの変色

3   0

一週間前、私が、友人のお葬式に行っている間にパルは、パパさんと淡路島公園へ散歩に行き、フリスビーやボールで遊んでいる間に右後ろ足を痛めてしまいました。

0118-2_2015011915243842d.jpg
(スマホ画)
回復したのは、5日後の1月16日でした。
回復するまでは、歩道脇の芝生の上を歩かせていました。
足を悪くしたヴィヴィが、虹の橋を渡る前日まで歩いていたコースです。

0118-1_20150119152437df7.jpg
(スマホ画)
友人を亡くして落ち込んでいた私と足を傷めたパル、どちらも復活して、18日(日)は、鳴門市ウチノウミ公園へ散歩に行きました。

0118-8.jpg
軽~くボール遊びをして、

0118-5.jpg
軽~く!!

0118-6.jpg
『可愛い!』と撫でてくれる女の子に出会って、

0118-7.jpg
公園の外周を二周歩いて帰宅しました。

0118-3.jpg
暫く、フリスビー禁止にします。



ツルバラの剪定と誘引作業をしました。

0118-13.jpg
真冬なのにたくさんの花を付けていた四季咲き性ツルバラ・バタースコッチとミニツルバラ。
全ての花と葉を剪定で落としました。

0118-14.jpg
その名の通りバター色が、本来の花色なのに生けている内に何ともアンティークなスモーキーピンクに変化しました。

0118-11.jpg
ミニツルバラのピンクとマッチしてイイ感じです。
春のバタースコッチは、バター色のまま色褪せて枯れるのに冬花のこの変化は、不思議ですけど、この色、とても気に入りました。

0118-12.jpg
11月に施肥した馬糞肥料。
真冬にたくさん花を付けたことで、バラには、馬糞肥料が有効なのが、うちのバラでも実証されました。
が、馬糞肥料は、花色まで変えてしまうのか・・・・?

0118-10.jpg
元々、花色が気に入っているピエール・ド・ロンサールも馬糞肥料で変色したら困るなぁ。

0118-9.jpg
新旧の枝の更新が上手くいっていないミニツルバラも馬糞肥料で元気を出してもらいます。


スポンサーサイト

3 Comments

プルートパパ says..."復活され良かったですね"
落ち込んで居られたのですね、パル君と散歩復活出来良かったです。

バラの手入れさすがまゆまゆさん、綺麗な写真素晴らしいです。
2015.01.22 16:06 | URL | #- [edit]
プルートパパ says..."今日はヴィヴィ君の誕生日でしたね"
プルママがヴィヴィ君の誕生日を覚えていました。
昨日は息子の誕生日だったのでヴィヴィ君のことを
想いだしてプルパパに話しかけてきました。
思えば優しいヴィヴィ君でしたね、本当に好きなワンチャンでした。
素敵な墓碑を作ってもらってヴィヴィ君はいつまでも愛されて幸せです。
2015.01.23 19:25 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."プルートパパさんへ"
ありがとうございます。
その通りです、1月23日は、ヴィヴィの14回目の誕生日でした。
覚えていて下さってありがとうございましたとプルートママさんにお伝えくださいね。
若い頃のヴィヴィの写真を見ていると、懐かしいというよりまだ生きて傍にいる気がしてならなかったです。
遠くに行ってしまったのが、夢の中の話で、現実には、まだ傍にいてくれる気がしてならなかったです。
お会いする機会は、少なかったですけど、可愛がって下さってありがとうございました。
2015.01.24 11:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1450-778d6731
該当の記事は見つかりませんでした。