ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

冷や汗回想録 14回目の誕生日に寄せて

6   0

今日は、ヴィヴィの14回目の誕生日。
13歳の誕生日の時、次の誕生日のお祝いをお墓に向かって言っているなんて想像できなかった。

0123-5_2015012316264762c.jpg
(8歳の誕生日のヴィヴィ)
ヴィヴィの思い出の中でベスト3を挙げてみると全部、冷や汗と言うより肝を冷やしたと言う方が、ピッタリの思い出ばかり。

0123-1_20150123162436e73.jpg
まず、11か月の時の出来事です。
1月2日、アヒルを追いかけて冷たい池に飛び込み25分間泳ぎ続けました。

0123-2_20150123162437ba0.jpg
ヴィヴィが、追いつきそうになるとアヒル達は、飛び上がります。その繰り返し。
完全にアヒル達にからかわれていたヴィヴィでした。
池の真ん中で『ゲホッ』となった時は、もうダメだと思いました。

0123-5_20150123162442257.jpg
二番目は、ココで遊んでいて突然何かの気配を感じたのか・・・

0123-4_20150123162440666.jpg
急斜面を→のように駆け下り、その下にある大きな溝を飛び越え行方不明になってしまったことです。
斜面の下に大きな溝があるので、その手前でストップすると思って、私は、斜面の上で眺めていましたが、その溝を飛び越え姿が見えなくなってしまいました。
私は、溝を飛び越えられないので、遠回りをして姿が見えなくなったあたりを探し回り大声で呼びましたが、戻ってきませんでした。
暫くすると夕暮れになり、もしかすると家に帰っているかもしれない(徒歩30分の距離)、帰っていてと一心に願いながら急いで帰宅したけど帰っていませんでした。
仕事中のパパさんに電話したら元の場所に戻っているはずだと言うので、また急いで戻ると、まゆまゆ号のライトに向かって走ってくるヴィヴィの姿が見え、生き返った気がしました。
戻ってきたら叱ってやろうと思っていたのに安堵と嬉しさで叱れませんでした。
そう言えば、行方不明になる前に遊んでいた斜面の上の広場は、当時、造成中で重機が2~3台止まっていました。
その重機の間を縫ってウサギを追いかけ捕まえたこともありました。

三番目は、ヴィヴィを迎えて初めて外へお散歩にでかけたこの場所での出来事です。
0123-6_201501231626457ad.jpg

bgsanpo.jpg
初めての散歩の画像です。

0123-7_2015012316264658d.jpg
私が、おばちゃんテニスプレーヤーだった頃、週四回テニスをしていたコートの駐車場です。
ココで遊んでいる時、急斜面の上にあるグラウンドの周回路をジョギングしている人を見つけて、まさかの急斜面一気駆け上がりをしてしまったヴィヴィ。
斜面を追いかけて駆け上がれない私は、車でグラウンドへ向かいました。
着いたと同時に『誰ぇ~、こんな大きな犬を放しているのは!』と叫び声。
幸い知り合いの人だったので、平謝りで許してもらいました。

0123-3_20150123162439d76.jpg
何事も無かったかのように澄ました顔をしているヴィヴィ。
画像右側の斜面を駆け上がって来ました。

0412-2_201501232052103eb.jpg
パルを迎えた日の画像です。
既に唯我独尊状態のパルを優しく見守っているヴィヴィでした。
山ほど手を焼かされたヴィヴィですけど、パルを迎えてからは、優しいお兄ちゃんに徹していたように思います。

0123-5_2015012316264762c.jpg
8歳の誕生日の画像です。
虹の橋の向こうでお友達と誕生日を楽しく過ごしていることを願って。


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ

スポンサーサイト

6 Comments

ミルクママ says..."No title"
ヴィヴィ君14回目のお誕生日は大空で冬の太陽を追いかけて遊んだのかな~
元気にしてますか
お友達と楽しんでいますか
きっと向こうでも人気者だね^^v

数々のエピソード、思わず笑ってしまいました
読みながらとっても会いたくなりました
2015.01.23 23:48 | URL | #4zr180nE [edit]
mayumayu says..."ミルクママさんへ"
ありがとうございます。
お空の上でも、牧羊犬のお仕事に熱心で、迷惑がられているんじゃないかと心配です。
若い頃の写真を見ているとまだ生きていて傍にいる気がしてならないです。
お空の上に行ってしまったのが、夢の中のできごとのように思え、傍にいてくれる気がしてならないです。
改めて、生前は、たくさん可愛がって下さってありがとうございました。
2015.01.24 11:28 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]
芽琉家 says..."No title"
ヴィヴィ君、お空の上でお誕生会してるかな~
楽しい想い出がたくさんの中で、
ハラハラドキドキの想い出も印象に強いですよね。
ブログを見ながら心がジ~ンとしちゃいました。
芽琉は最近寝てばかりで、ゆっくり気持ちよく寝ているのでしょうが、
気になってついつい起こしてしまいます(^^;)
以前はちょっとした物音でもサッと起きていたのに・・・
昨夜なんか寝ている顔の前で名前を呼んでも起きないから
心配してしまいました。
相変わらずチャイムや外の物音には反応するので、
それほど耳が遠くなったわけでもなさそうですけどね(笑)
芽琉はあと4ヶ月ちょっとで14歳、ヴィヴィ君お空から応援しててね!

パル君、その後足の調子はいかがですか?
芽琉が今後ろ足を引きずっているのも
若いころ無理させちゃったかな~と反省しています。
パル君、無理せずゆっくり治してあげてくださいね。
2015.01.24 12:01 | URL | #QJvdyeNQ [edit]
ピーママ says..."No title"
ヴィヴィくん、14回目のお誕生日、空の上で美味しいもの
食べたかなぁ~~♪
マイケルも、きっと、一緒に美味しい物、おすそ分けしてもらったよね、
一番上の、ちょっと上目使いのヴィヴィくん、ピーターにやっぱりソックリ。
子犬のときの、ヴィヴィくん可愛いですね~~
私が初めて会ったときは、もう一歳にはなってたから
子犬のヴィヴィくんに、会ってみたかったです(*^^)v
2015.01.24 22:31 | URL | #mQop/nM. [edit]
mayumayu says..."芽琉家さんへ"
ヴィヴィの思い出と言えば、冷や汗ものばかりです。
ほんとによく我慢して育てきたものだと自分を褒めてあげたくなります。
それでも可愛く大切な子でした。
blogの記事には、一番大切な思い出を書いていません。
それは、私の心の中にしまっておきたいので。
犬と人間て、本当に家族になれるんだ、犬は、飼い主のことをどれだけ思っているかを実感させられた大切な思い出です。
優しくお利巧な芽琉ちゃんだからそういう思い出がたくさんあるでしょうね。
これからも芽琉ちゃんの大切な思い出をたくさん作って下さいね。

パルは、5日くらいで、完全復帰しました。
また足を痛めないよう無理のない遊びをしています。
ご心配下さってありがとうございました。
2015.01.30 14:57 | URL | #- [edit]
mayumayu says..."ピーママさんへ"
私も仔犬の頃のピーちゃんに会いたかった。
もっと早く知り合っていたらもっとたくさん思い出を作ってあげられたのに、残念です。
ヴィヴィは、パピーの頃、右耳が、おでこに向かって垂れていて整形手術を獣医師に相談したくらいだったんですよ。
ピーちゃんは、マイケル君が、お空に行ってから寂しい一人っ子生活になったけど、マイケル君やヴィヴィの分も長生きして欲しいです。
2015.01.30 15:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1451-663df081
該当の記事は見つかりませんでした。