ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

行って分かったこと・・・仁淀川と四万十川 にこ淵編

0   0

十年来(七〰八年かも)の念願叶って仁淀川、四万十川へ行ってきました。
0606土居川1

ヴィヴィも一緒です。
0606土居川2
ヴィヴィが、元気な内に連れて行ってあげたかった。ごめんね。
パパさんとパルだけで車中泊で出かける予定だったのが、
四万十町でワンちゃんと泊まれる宿が見つかったので、私も行くことにしました。
宿を予約できてからの三週間近く、梅雨入りの時期だけに天気が気になって毎日気をもんでいました。

0606-1-1吉野川SA
6時15分 出発。
7時30分 徳島自動車道 吉野川SA着。休憩と食料品の買い出し。
外気温13度。寒い。

0606-1_2015060916041572b.jpg
天気予報は、高知全域マークなのに・・・
高知道に入っても空は、雲に覆われていました。

0606-2_201506091604166a8.jpg
大豊IC近くの空は、雲だらけ。
予報は、ホントなのか不安になって、
仁淀川情報を毎朝8時前後に更新しているblogを開いてみると「晴れましたね。」という文字と青空の画像がありました。
ホッ

0606-3_201506091604182f7.jpg
大豊ICからR439とR194で、にこ淵へ向かいました。
四国の水瓶 早明浦ダムです。

0606-5道の駅土佐さめうら
8時42分、道の駅土佐さめうらで二度目の休憩。

0606-6地蔵寺川沿R439
地蔵川と周りの景色を眺めながらR439を走りました。

0606-7地蔵寺川沿R439
途中で川遊びできそうな場所を見つけたので下りてみました。

0606-8地蔵寺川荷瀧トンネル付近
↑↓荷瀧トンネル付近。 水の色が仁淀川ブルーっぽくなってきました。
0606-9地蔵寺川荷瀧トンネル付近

9時30分、にこ淵到着。
0606-10にこ淵
テレビで見たのは、右上の画像と左下の画像の部分でした。
なのでココを下ればにこ淵、急斜面と言ってもこれくらいなら楽勝と思っていました。
が、この先は、滑り落ちないようロープを伝いながら進み(写真を撮る余裕が無かった)、その先に最大の難所、右下のアルミ製梯子(脚立を伸ばした)がありました。
『こんなの聞いてないよ〰』 梯子が倒れないよう固定したロープを信じて下りるしかなかったです。
パパさんが、頑張って体重21kg(いつの間にか増えてた)のパルを片手で抱っこして下りてくれました。
上りは、先に上った私がロングリードを掴んでパパさんがパルを突き上げる形で上がってきました。
道路に戻った時は、生還できた安堵感でいっぱいになりました。

0606-15にこ淵
道路から見たにこ淵。
望遠で撮っているので近く見えますが、実際に下りてみると長い斜面でした。

0606-11にこ淵

0606-12にこ淵
にこ淵に下りた犬。
にこ淵で泳いだ犬。

0606-16にこ淵
水中撮影の準備をするパパさんを不安そうに見ているパル。
『また、そのカメラを付けて泳ぐんですか、ボク。



0606-14にこ淵
私達が、にこ淵に着いてすぐ若者二人がやってきました。
その若者二人を見ているパル。
二人ともまるで平地を歩いてきたような余裕の顔でした・・・私達とは、大違い。
スマホで盛んに撮影していましたから、もしかすると「にこ淵下りたら犬が泳いでた。」なんてどこかのSNSにアップされてるかもです。


太陽が真上から射し込む時間帯ではなかったので最高に綺麗なにこ淵カラーを見ることができなくて残念でした。

仁淀川の支流 安居川渓谷へ続く
(タイトルの意味は、旅行記の最後に。)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1478-42d9fa3a
該当の記事は見つかりませんでした。