ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

今年はいただく立ち場に

1   0

技ありでしょ、この咥え方。
0428-1_201604281434056f9.jpg

0428-2_201604281434061f7.jpg
定番散歩広場の草丈が、一番良い季節です。
雑草茫々になるのも時間の問題。
今年もパパさんと二人で、草刈ボランティア、頑張らねば。

0428-3_2016042814340746a.jpg
その定番散歩広場で嬉しい発見。
昨年の秋にこぼれ種で、庭に生えていたランタナをめちゃめちゃいい加減な引っこ抜き方をして、定番散歩広場にスコップを使わず、素手で穴を掘って、めちゃめちゃいい加減な移植をしたのが、何と、根付いて新芽が、育っていました。
ランタナは、とても丈夫な植物だけど、万が一根付けば育ててあげよう・・・くらいの気持ちで移植したので、嬉しいのと驚きとが、半々です。




本日のタイトルである”いただく立ち場になった物”です。

0428-5_20160428143410771.jpg
今年は、くぎ煮の材料のイカナゴが、くぎ煮に最適な大きさで水揚げされていた時、高騰していたので、作りませんでした。
そしたら、ナナちゃんママさんが、くぎ煮を届けてくれました。
先日、私が、ナナちゃん捜索チラシを近所の公民館に貼らせてもらってきた、そのお礼だそうです。
ちなみにくぎ煮もちりめんもナナちゃんママさんのお姉さんの嫁ぎ先である水産加工会社の製品です。美味しいです。
大したお手伝いもできず、役になっていないのに、申し訳ないです。

ナナちゃんが、行方不明になって既に7か月過ぎました。
パルは、くぎ煮を届けに来てくれたナナちゃんママさんを見て、物凄い喜びようで、まさに悶絶パル君状態。ヽ(≧∀≦)ノ
家族以外の人で、一番好きだったナナちゃんママさんに久しぶりに会えて嬉しかったね。
また、毎日定番散歩広場で、ナナちゃんとナナちゃんママさんに会える日が、戻って来ますように。




0428-4_201604281434090db.jpg
甥っ子のNASA出張土産。
電車オンリーから、守備範囲が、広がって、最近は、ロケットにも興味を持ち始めている孫太郎の喜ぶ顔が、目に浮かびます。




モッコウバラ二本が、満開になりました。

0428-6_20160428143454730.jpg
こちらは、ヴィヴィのお墓を囲むように伸びているモッコウバラ。
矢印が、ヴィヴィのお墓の位置です。

0428-9.jpg
お墓の隣のケヤキの大木にも絡まってぐんぐん伸びています。↑↓
0428-15.jpg

0428-13.jpg
オリーブの木に絡みつき、手が付けられないモンスター。

0428-12.jpg
フェンスを乗り越えて、同じくモンスター状態のヘデラを覆うように伸びています。

0428-10.jpg
道路端のモッコウバラも隣の駐車場のブロック塀を覆っています。
道行く人が、綺麗だと言ってくれるのですが・・・ブロック塀を覆っているのが、気がかり。

0428-14.jpg
芝桜や夏に開花するお花達の葉で覆い尽くされた南東の花壇。
切戻しや剪定、間引きをしないと鬱陶しい。


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1546-8625b60a
該当の記事は見つかりませんでした。