ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

家族会旅行 北杜市&安曇野市 川遊び(2)

0   0

八ヶ岳倶楽部から30分。
尾白川渓谷駐車場着。

18-13.jpg
駐車場から徒歩5分で、竹宇駒ケ岳神社です。
境内を通り抜け尾白川に架かる吊り橋を渡って「千ヶ淵」を目指します。

18-17.jpg
吊り橋から川遊びをしている人達が見ますが、ココが、今回の川遊び場所ではありません。
なのに・・・何を思い違いしたのか、先に吊り橋を渡ったパパさんが、川へ下りて行きました。
少し体を冷やすつもりなのかと上から眺めていたけど、一向に戻って来ようとしません。
パパさん'sは、ココが、目的地だと思ったそうです・・・・吊り橋を渡って10分歩くと言ってあったんですけど。
呼び戻して、登山再開。

18-14.jpg
小型犬が、千が淵で、泳いでいる画像を見たけど、抱っこしてもらって行ったんだろうな。
小型犬には、厳しい登山道です。

18-15.jpg
ワンコが、嫌いな鉄製の階段ですけど、三頭共、嫌がらずに(?)下りてくれました。

18-16.jpg
事前に調べていて、イメージしていたのとほぼ同程度の怖さの登山道でした。
パパさん'sの時間ロスが、無ければ、10分で到着していました。

18-18.jpg
この滝壺でワンコ達を泳がせるのを楽しみにしていたんですけど、水量が、多くて近づくのが、難しかったです。
こちらのサイトには、『小さな滝から流れ出る水でできたプールのような「千ヶ淵」は水遊びにぴったりな遊びスポットです。』と書いてあります。
適度な水量だったら滝を背景に三頭で、遊べたのに、残念。
ちなみに画像に写っている外人さんは、ボーダーコリーを飼いたいそうで、色々質問されました。

18-19.jpg
滝壺から少し下った狭いけど、安全に遊べるポイントで、ちまちま遊びました。
小型犬(トイプー)には、負けられません、流れに逆らって頑張るパル。

18-20.jpg
こはるちゃんも頑張ったよ。
水は、昨日の川遊びより冷たいです。

18-21.jpg
ノアちゃんは、もっと頑張った。
岩と岩を飛んで流れの急な箇所を渡って、こんな大きな木をレトリーブしようとしたけど、さすがにこの木は、無理でした。

18-22.jpg
事前リサーチで想像していたのとは、水量の多さから、かなり違ってしまった川遊びポイントでした。
今年もノア家、こはる家を半強制的に私が行きたい所へ引っ張りまわす形になってしまいました。ごめんなさい。

来夏は、今回下見した大武川で、予め我が家が、川遊びしますから、安全に楽しめる場所だったらまた、ご一緒して下さい。

18-25.jpg
15時。
尾白川渓谷駐車場で、帰宅するノア家、こはる家とお別れして、我が家は、安曇野へ向かいました。
八ヶ岳連峰さん、また来夏にね。さようなら。

18-26.jpg
中央道、長野道を一時間で走って、ちょうど16時に安曇野ICを出ました。
翌日は、定休日なので本日中に是非行ってみたい施設があり、パパさんが、運転頑張ってくれましたが・・・

18-29.jpg
わんちゃんと行ける安曇野の美術館です。
ナチュラルガーデンも魅力で、ガーデン内の蕎麦カフェは、テラス席ワンちゃんOKです。
が、到着が、17時閉館の10分前だったので、既に閉館の準備中でした。
カフェも同じく17時閉店だったので残念。

18-23.jpg
今回の旅行で、まだお蕎麦を食べていないというパパさんの為に予め調べておいた碌山美術館前の蕎麦店「寿々喜」へ行きました。
ここも17時閉店だったのですが、17時ほんの少し前に入店したので、お蕎麦を注文できました。

18-24.jpg
パパさんのは、てんざるの中盛りです。
これで中盛り。
ネットで、中盛りでも多くて食べきれないと書いてあったけど、その通りでした。
閉店間際に行った上に食べ残してしまって申し訳なかったです。

18-28.jpg
「寿々喜」の真ん前が碌山美術館。
こちらも17時閉館です。
注文したお蕎麦が、できあがるまでの間に、
少し開いていた門から、お庭の写真を撮らせてもらおうとしましたが、閉館しましたからと言って追い出されました。当然。
泥棒みたいに塀や建物の間から覗きこみながら撮影させてもらいました。

18-27_20160728164636d42.jpg
大盛り傍で満腹になってから、今夜の宿「安曇野わんわんパラダイス」へ向かいました。
ホテルアンビエント安曇野でチェックイン。
コテージのカギをもらって車で移動。
コテージ専用駐車場は、到着順に好きな場所を選べます。
我が家は、遅かったので、部屋から一番遠くて、しかも今まで上ったことが無い超急勾配の坂道を荷物を持って上る羽目になってしまいました。
車に忘れ物をしたので、取りに戻ったのを含めて三往復。夜中に足が攣りそうになりました。
コテージ内は、広々していて寝室も和洋二部屋あるし、ヒノキ風呂は、天然温泉なんですけど、この急階段です。
洋寝室に行くには、もう一つ階段を上がって、三階まで行かないといけまん。なので、二階の和室で休みました。
小型犬なら抱っこして上り下りできますが、大型犬は、無理です。特に大型犬の老犬にこのコテージ泊は、非常に厳しいと感じました。

その事は、お部屋に置いてあったアンケート用紙にしっかり書きました。
是非、考慮して欲しいです。

安曇野川遊びと美し過ぎる庭園巡りへ続く。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ














スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1564-e6ff16dd
該当の記事は見つかりませんでした。