ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

一つの寂しさと一つの悲しみ

0   0

16年半続けてきました愛犬ヴィヴィとパルのページを4月30日で閉鎖しました。
0430-2s.jpg
プロバイダー変更に伴う一時的な閉鎖のつもりでしたが、情報発信は、blogに代わり、更新は、滞ったままなので開設している意味が無くなりました。
日付が5月1日に変わったと同時にHPにアクセスすると“Not Found”の文字が現れ寂しさでいっぱいになりました。
『さようなら私のページ。ありがとう、たくさんの友達と繋がらせてくれて。』

0430-3_20180508165513d47.jpg
ヴィヴィが、お空に旅立って四年経ちました。
四回の命日の中で、今年の命日が一番悲しかったです。
常にパルを大切に守ろうとする優しいお兄ちゃんでした。
頭が良くて、人の言葉は勿論、気持ちまで理解できる子でした。
冷や汗をかくような思い出、ハラハラさせられるような出来事、たくさんの記憶が甦ってきます。
一生大切な家族だよ ヴィヴィ。

0507-1_2018050816551358e.jpg
余談ですが、命日におやつをお供えしていて、お墓の前のハゼにかぶれてしまいました。
春のハゼは、かぶれることがあるそうですが、皮膚の弱い私でも、今までハゼにかぶれたことが無かったので、全く無警戒でした。
今朝、高枝鋏で、離れた所からハゼを切り取ったので、四日ぶりにヴィヴィのお墓にお花を供えてあげられました。

0507-2_20180508165516cd8.jpg
毎朝夕ヴィヴィと散歩した広場は、今、エニシダに覆われ、黄色い山になっています。
朝靄に覆われた散歩広場

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1656-14e836c2
該当の記事は見つかりませんでした。