ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

初めてのエリザベスカラー

0   0

パル君、6月15日は、動物病院掛け持ちの一日でした。
0618-1_20180618143549e1d.jpg
まず私が、お向いの歯医者さんに行って、その後、パル君は、車で30分のS先生の病院で狂犬病予防注射をしていただきました。

0618-2_20180618143551314.jpg
S先生の病院から車で7分のO動物病院へ移動。
後ろ足甲の脱毛部分を診察していただきました。
舐めると治らないのでパル君、初めてのエリザベスカラー着用となってしまいました。

0618-3_20180618143552cf1.jpg
治療は、薬用シャンプーと塗り薬、ノミダニ以外の害虫にも効く服用薬をいただき帰宅。

しかし、エリザベスカラーで、一日過ごすのは、予想通り無理でした。
ハウスに入ってから頭の向きを変えるのが無理で、落ち着くからでしょうか大好きだったハウスに入らなくなったパル君。
0618-4_201806181435542ab.jpg
可哀想なので、カラーを外して、一年前に購入してそのままになっていた靴を患部舐め防止の為に履かせました。
四本足全部とか、後ろ足二本履かせると、足を外に跳ねるような、可笑しくて可愛い歩き方をします。
可笑しくて可愛いけど、可哀想でもあるので、片方だけ履かせたら、まあまあ普通に歩くようになりました。
川遊びや焼けたアスファルトの上を歩かないといけない時に履かせるように買った靴だったのが、思わぬ時に役立ちました。

治療していただいてから三日目の本日、脱毛箇所の毛が、少し生えてきたのが確認できました。
エリザベスカラーもノミダニの服用薬も同じ効果の薬があるので、無駄になりました。





つかまり立ちは、どのワンちゃんでもできるけど、ドッグダンスのように何もない所で垂直立ちするのは、パル君には、無理だと思っていました。
0618-5_201806181435559ee.jpg
それが、植込みの上に落ちたディスクの位置を見ようと思いっきり背伸びして後ろ足二本立ちしたパル君。
その姿が、めちゃちめちゃ可愛くて、写真を撮りたくて植込みの上にディスクを置いてみたけど、二度目は、無かったです。
植込みを飛び越えてしまいました。

0618-6_20180618143556de2.jpg
もう一度チャンスが来ますように。ホント、可愛かった。
ミーヤキャットでも、アライグマでも、ゴリラでも四本足の動物が、直立したら何でもかんでも可愛く見えるんですね。




庭は、アジサイとユリの季節です。

0618-1_201806181435584ac.jpg

0618-2_20180618143559f1b.jpg

0618-3_20180618143601331.jpg
ユリは、木子を取って植えたら、上手く育ってくれたようで、庭のあちこちで咲いています。(増やし過ぎました。(-_-;))


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1662-3e9eef53
該当の記事は見つかりませんでした。