FC2ブログ

ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

道の駅なかとさとモネの庭 初車中泊旅

0   0

初車中泊の旅に出発。
一泊目は、高知県の道の駅なかとさです。
0412-1_20190419125640931.jpg
途中で高知県安芸郡の「モネの庭」に行くので今回の高知行きは、徳島自動車道、高知自動車道を利用せず、室戸岬からぐるっと回って安芸郡を経て、高知市内で高知自動車道に入り中土佐郡を目指しました。
海部川へ三回川遊びに行ったので海部郡までは走ったことのある道でした。
それ以南は、未踏の地です。
最初の休憩は、福井町の福井ダム公園。
海部川へ川遊びに行った帰りに立ち寄ったことのある公園です。
まだ桜が残っていました。
海部川を渡りここからはいよいよ未踏の地。
以前から気になってはいたけれど遠すぎて行けなかった野根川も渡りました。
減水していたらそう感じたのか、予想より川幅の狭い小さな川でした。

0412-2_20190419125642849.jpg
海部郡から高知県東洋町に入り、室戸岬を望みながら海沿いの国道55号線を走ります。
目的地の一つが遥か彼方ですけど見えているのは不思議な感覚でした。

0412-3_20190419125642da2.jpg
歩くお遍路さん、自転車にたくさんの荷物を乗せて走るお遍路さんを追い抜く度に、その健脚ぶりに感心させられました。

0412-4_2019041912564419e.jpg
前方に奇岩が見えたので、車を止めました。
「鹿岡の夫婦岩」だそうです。

0412-5_20190419125645224.jpg
『ボクは、ここだよ。』
パルと比べると奇岩の大きさが判るかな。
太平洋と比べても力強くて迫力のある大きさでした。

0412-6_20190419125647e07.jpg
どんどん室戸岬の先端に近づいて行きます。
途中で水揚げされたばかりの鰹でいっぱいのコンテナがたくさん並んでいる魚市場の傍を通りました。
やっぱり高知は、鰹なんですね。
今日の夕食は、道の駅で美味しい鰹のタタキを食べるぞー!!

0412-7_20190419125648237.jpg
今通ってきたばかりの室戸岬先端と書きたいところですが、実は、先端の少し手前で右折してr202に入り、先端を回って来たR55号線と合流して安芸郡モネの庭を目指して走りました。
ここでも、緩やかにカーブした高知の海岸線なので双眼鏡があれば中土佐郡まで見通せる気がしました。

2エントランス
12時40分にモネの庭着。
ここは、駐車場を含めてペットNGです。(;´д`)
なので、パパさんとパルは、近くを流れる奈半利川の川遊びできそうな場所を探索に行きました。

3花の庭
一時間の約束なので大急ぎで園内を散策しました。
まずギャラリーやショップの入る建物の裏の花の庭からです。
バラの季節には、一か月早いですけど、チューリップやベニバナトキワマンサクが綺麗でした。

4水の庭
花の庭を見終えてもう一つの庭“水の庭”へ移動しました。1時間の時間配分OKです。
レンギョウ、チューリップ↑ トキワマンサクや桜が咲いていました。↓
5水の庭モネの「睡蓮」とその風景をを再現した庭を対比できます。

7水の庭
メタセコイヤ並木は、水の庭から遊びの森への入り口です。

8水の庭
睡蓮の池を反時計回りに半周したあたりです。
こちらの桜は、ほぼ散っていました。

9水の庭
サクラソウやパンジー、チューリップが池の周りを彩っていました。

10水の庭
池には、孵化したばかりのように見える小さなメダカが無数に泳いでいました。

11水の庭
睡蓮の開花時期ではなかったのが残念です。

12ミズノ庭
ちょうど一時間で見終えました。
疲れない、物足りなさも無い、私的には、ちょうど良い広さと見甲斐のあるお庭でした。
それと平日(金曜日)だったので、入園者が少なく、下手な写真ながらも人が写り込まないように撮れたのも良かったです。
ショップでお買い物をする時間が無かったのが残念でした。

0412-8_20190419160420a3d.jpg
高知ICから中土佐ICまで高知自動車道を走りました。
途中で10分間くらい雨が降りましたが、キャンプと違って車中泊は、雨をそれほど気にしなくて良いので気持ちが楽です。

0412-9_20190419160422fc5.jpg
16時 道の駅なかとさ着。

0412-10_201904191604239b5.jpg
到着が遅すぎました。( ノД`)シクシク…
海鮮焼きも鰹のタタキも美味しいと評判のパン屋さんも閉店、ピザ屋さんは、釜の火を落としていて焼いてもらえませんでした。

閉店が17時なのでまだ営業していたマルシェで果物と惣菜を買って車中泊用に購入した炊飯器でご飯を炊くことにしました。
ちなみに鰹のタタキは、売り切れていました。残っていた惣菜は、閉店前なので半額になっていました。

0412-13_20190419160427649.jpg
ドッグランのあるのが嬉しい道の駅です。
けど、匂い嗅ぎばかりで遊ぼうとしないパル君。本日は、完全に運動不足。

0412-16.jpg
暗くならない内に食事を済ませようと準備を始めました。
キャンプ場じゃないので無洗米を持ってきました。
30分間既定量の水に浸し、その後炊飯開始したのですが、家で試し炊きした時は、1時間で炊きあがったが、今回は、鶏釜飯の素を使ったからでしょうか、1時間半かかりました。
バッテリーで炊ける炊飯器ですけど、炊飯に二時間かかるのは、きついです。
食事の後片付けは、お釜も食器もウエットティシュで拭くだけしか道の駅なのでできません。
あっ、トイレの洗面台で食器を洗っている〇〇人のカップルがいましたけどね。

0412-18.jpg
道の駅なかとさから140段の階段を上った高台にある黒潮温泉です。
往復280段はきついので温泉には、車で行きました。
パルは、車中待機です。
よく温まる良い温泉でした。露天風呂からの眺めも良かったです。(夜景は、カメラOKの休憩所で撮りました)

0412-19.jpg
ピザ屋さんのケーキ売り場で買った桜の花びらをイメージしたケーキをいただいておやすみなさい・・・だったのですが、
パパさん、大ちょんぼ。
窓のシェード10枚セットを積み忘れてました。
荷物は、できるだけ少なくというパパさんVS備えあれば憂い無の私。
なので絶対必要でもないキルトマットを持ってきていたのが幸いしました。
他にもシェード代わりになりそうな物で目隠しは何とかできました。
しかし更なる問題が発生。
パルが、睡眠スペースの半分を使って爆睡してしまい、声をかけても起きてくれません。
家では、邪魔になる場所にいる時“どいて”と言えば、すぐどいてくれるのに、大丈夫か、息しているのかと心配になるくらい動こうとしてくれませんでした。
無理矢理どかすのも可哀想なので、私が運転席と助手席を使って睡眠スペースを確保。
けど、それでは朝まで熟睡できるはずも無く、夜中に目覚め、何とかパルに場所を開けてもらってギリギリ夜明けまで眠りました。
ちなみに、夜中に目覚めた時、マルシェとトイレの間で朝を迎えるのかと思っていた〇〇人のカップルの姿が見えず、乗って来ていた自転車二台も無くなっていました。何処へ行ったんだろう・・・・翌朝、驚きの光景を目にすることになりました。

睡眠スペースは、二列目と三列目のシートを倒し、できるだけフラットになるようパパさんが、ウレタンマット等を使って段差を無くしホットカーペットカバーを掛けました。
フラットという点では問題無かったのですが、代用品のシェードでは、夜中に車内温度が想像以上に下がって、パパさんは、寒くて眠れませんでした。
私は、備えあれば憂い無ですから、持ってきていたベンチコートを着込んでシュラフに入っていたので、寒さは大丈夫でした。

翌日(4月13日)に続く


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1701-2868be56
該当の記事は見つかりませんでした。