FC2ブログ

ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

私と孫の趣味旅withパル&パパさん!(^^)! Ⅰ

0   0

一泊二日の短い旅ですけど、ガーデニングが趣味の私と電車が大好きな孫がそれぞれ満足できる趣味旅に出発。

0526-1_20190529004126643.jpg
車中泊の旅なのでクレートは置いてきました。
ハードタイプのクレートの代わりに買ったソフトタイプのクレートは、パルが嫌がって入ってくれません・・・・それと大き過ぎるのを買ってしまったので邪魔です。
クレートから解放され、私が何時でも撫で撫でしてあげられる場所にいるのが嬉しいだろうと思のは私の勝手な想像で、パル自身は、クレートの中の方が安心感があるのかもしれないです。

0526-2_20190529004127fee.jpg
靄がかかった明石海峡。
7時に通過しました。

0526-12.jpg
中略で いきなり豊岡市街着です。
コウノトリの郷の10時の餌やり時間に間に合うように頑張って早くに家を出発したら予定より早く豊岡市街に到着。

0526-3_201905290041299a1.jpg京丹後鉄道豊岡駅8時51分始発の丹後の海を見られそうだけどギリギリ無理と判断し、豊岡駅近くの丸山川に架かる鉄橋へ先回りして鉄橋を渡る丹後の海を撮影することにしました。

0526-13.jpg
鉄橋が見える場所まで来たら、いきなり丹後の海が走ってきたので心の準備もカメラの準備も間に合わず、電源の入っていないカメラを手に呆然と通り過ぎる丹後の海を見つめていた孫君でした。
可哀想なので15時34分豊岡駅終着の丹後の海を見られるように豊岡駅に戻ることにしました。

0526-4_201905290041319a5.jpg
9時5分にコウノトリの郷公園到着。

0526-6_201905290041338e0.jpg
コウノトリ文化館は勿論、直売所や餌やり場には入れないパル君なので、餌やりの一時間弱前到着は早すぎました。
↑この辺りは立札から判断すると散歩可のようなのでココで時間を潰し、餌やり時間は、扇風機をつけた車内で待機してもらいます。

0526-5.jpg
孫君がへっぴり腰な訳は、蜂が3~4匹飛んでいたからです。
もしかすると孫君が立っているコウノトリの巣の見本に蜂が巣を作り始めていたのかもしれないです。コワッ

文化館餌やり場から見える巣です。 
0526-7.jpg
三羽孵化し、その内の二羽が巣立ち済みで、残り一羽も間もなく巣立ちしそうなので、巣立ちの目撃者になれるかもしれませんよと係り員さんのお話でした。
↑右の一番上の画像のコウノトリの飛びだし方が変じゃなのですか。下手な飛びだしに見えるんですけど・・・
もしかするとコレ、最後の一羽の巣立ち?
この巣では四羽孵化したものの、親鳥が育てられないと判断し、一羽を間引いたそうです。
間引き方は、この高い巣から落とすか食べてしまうそうです。
幸せを運ぶ鳥なのに・・・・・そんな習性、知りたくなかった。大ショックです。

0526-8-1.jpg
鋭い目をしていてよく見ると怖い系の顔です。
雛と成鳥との見分けがつき難いそうです。
なので、巣にいるのは、全部成鳥に見えます。

0526-10.jpg
うちの家族以外に餌やり時間前の係り員さんの説明を聞く人がいなかったので20分の説明時間の内、半分以上は私とパパさんの質問攻めに答えて下さる時間になってしまいました。

0526-9.jpg
↑真ん中の画像は、左からアオサギ、コウノトリ、シラサギ、コウノトリです。
みな、餌やり時間を知っているようです。

0526-11.jpg
コウノトリを見た孫君の感想 『大きかった!』 。
それだけですか。

次は、孫君お待ちかね、餘部鉄橋で特急はまかぜの撮影です。
私と孫の趣味旅withパル&パパさん!(^^)! Ⅱに続く。

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/1707-9ad7e07b
該当の記事は見つかりませんでした。