ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

最初で最後の出会い

4   0

シベリアンハスキーのArthur君との出会いは、三年前の夏が、最初で、最後になってしまった。
こんなに優しいワンちゃんが、いるのかと思うくらい優しかったArthur君。
もう一度、会いたかった。
Arthur君のママくらい、私に行動力が、あったら、Arthur君の住む九州まで、会いにいけたのにね。
暑い夏に暑い淡路島へママと来てくれてありがとう。
今度は、Arthur君の好きな冬に来てもらえると思って、来年の二月を楽しみに待っていたんだよ。
Arthur君と一緒に行った海も広場も、今でも、ヴィヴィの変わらない散歩コース。
ヴィヴィと散歩しながら、Arthur君のことを思い出すからね、Arthur君、虹の橋の向こうから、ママを見守っている合間に、ヴィヴィのこともチラッと見てね。
raitoukiarmatubayashi.jpg


raitoukiarvivi.jpg

raitoukiarmaru.jpg

raitoukitoparvivi.jpg

決して自己主張しないのに、存在感抜群だったArthur君。
虹の橋の向こうでも、きっとそうなんだろうな。

スポンサーサイト

4 Comments

ぷく says...""
私はArthur君には合えないままとなってしまいました。
3年前のあの時、一緒に淡路島に行けていたらなぁと、今更ながら思います。
来年二月には会えるかもという期待も叶わなくなってしまいましたね。
画像だけではなく、動くArthur君をこの目で見てみたかったです。
そしてロッキーとらんとも遊んでもらいたかったです。
まゆまゆさんはArthur君に会えてよかったですね。
これからはお空の上からママのことを見守ってくれるでしょう。
2006.11.03 15:47 | URL | #5MNsHVT2 [edit]
まゆまゆちゃん→ぷくさん says...""
ぷくさん、自分の書いたArthru君との思い出を読み返すだけでも、涙が、出てきます。
確か、動画が、あったと思うんだけど、それにArthur君が、写っていたら、こちらに追悼の意味で、アップしますね。
その時は、ぷくさんにお知らせします。
きっとロッキー君やらんちゃんも同じだと思うけど、ハスキー独特の毛のふんわり感と言うか、質感は、写真では、わからないものね。
直に触れて、その毛の柔らかくて優しいのとArthur君の性格が、同じなのを感じ取って欲しかったです。
私も、もう一度、感じたかったです。
2006.11.05 09:06 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]
gogo says...""
ありがとうございました。

淡路島でのとっても素敵な思い出を今
も、はっきりと思い出されます。

Arthurは、あの時は夏で暑くていつも
エアコンの車に避難していたけど、
ニコニコ笑って遊んでいたのが本当に
嬉しかったです。

まゆまゆちゃんviviくん
本当にありがとう。
Arthurはお空に逝ってしまったけど、
また会いに行くね。
2006.11.06 07:53 | URL | #oLcEdA1E [edit]
まゆまゆちゃん→gogoさん says...""
だめだぁ~、
Arthru君の写真を見ると涙が、出てしまいます。
キャサリンさんが、形見のリードが、宝物と言ってたけど、私は、私の記憶の中のArthur君の笑顔が、宝物です。
それと、"きょうのわんこ"に出た時、絵葉書、これも宝物です。
まだ、三枚あるから、一枚は、2月にキャンパパさんにあげますね。
2006.11.07 11:50 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/384-42455c02
該当の記事は見つかりませんでした。