ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

ジュウイシ(獣医師)

0   0

ここ暫くヴィヴィの掛かり付けのS医師さんとメールで、情報交換しいる・・・と書くと、私から、先生に提供する情報が、あるように取れるかな・・・
正確に言うと、私の方が、ほぼ一方的に情報やアドバイスをいただいて、とても親切にしていただいている。
そのメールの中でもそうなんだけど、他のお友達へのメールでも、
獣医さんの事を獣医さんと入力する時、必ず抵抗感がある。
できるだけ獣医という文字を使わないで、表現するように努めているけど、どうしても獣医さんと入力しないといけなくなる場合がある。
獣のお医者様・・・・これって変です。
大抵の動物病院のお医者さんの患者の大多数は、獣ではないはず。
動物園のお医者さんだって、獣医師と呼ばれることには、抵抗が、あると思う。
と、日ごろ思っていたところへ、昨夜のS医師からのメールには、ジュウイシとカタカナ書きになっていた。
やっぱりS先生も、獣医師の文字には、抵抗が、あったんだと思った。
何か、もっと適した呼び方を大学の獣医学科等で、考えて欲しいし、この学科名も変えてはと思うのですが・・・
20061117124006.jpg

近所の銀杏並木とタイワンカエデ並木

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/398-5a118813
該当の記事は見つかりませんでした。