ヴィヴィ+パルと歩く道端の四季

先住ボーダーコリー犬ヴィヴィの思い出と弟犬パルの日常の記録です。

石繋がり

4   0

それは、今から10日前の地蔵盆の夕方のことでした。
怪談には、ちょっと季節が、遅れ気味ですけど、それ風に、読んで下さい。
何時もの広場で、ナナちゃんと遊ぶヴィヴィを見守りながら、ナナママさんとおしゃべりに夢中になっていた私。
おしゃべりに夢中で、ワンコを見守っていられるのかとのご指摘がありそうですが、ワンコの散歩歴6年半・・それなりにコツをつかんでいますから、できるんですねぇ、これが。
そろそろ辺りが薄暗くて、山の陰とワンコ達の姿が、一体化して見え難くなってきたので、帰ろうとした時・・・・ジャジャア~ン
ナナママさんが、『今、石が、光ったの見えた?』と、聞いてきた。
何も見えなかったと答えると、ナナママさんが、20mくらい先にある光った石の場所に向かって歩き出した。
『ここ』とナナママさんが、石を指差したその時、光ったんです、確かに石が。
蛍光灯のような薄い黄色の光でした。
確かに見ました、私も。

20070903114915.jpg
向かって右のが、光った石です。
ゲートボールの練習をここでやっているお年寄り達が、石を赤くマーキングして、コートの四隅の目印に使っている石です。
機械で、切断された跡があって、石材屋さんが、何かに使った石の残りのようです。
・・・ひょっとして、墓石の残り?
同じ種類の石が、近くにあったので、これも光るのではないかと並べてみましたが、向かって左の石は、光りませんでした。
地蔵盆の日だったので、何か関連があるのではないかと、帰宅途中で、地蔵盆祭りをしている祠にお参りしました。
ネットで、光る石で検索してみると色々出てきました。
お昼間に太陽の光を蓄積して光る石というのは、特別に珍しいことでは、ないようでした。
ビー玉程の大きさに砕いたのをネットで、販売しているほどですから。
翌日は、ナナママさんと私、示し合わせたように光る石を撮影しようとデジカメと携帯電話を持ってきていました。
が、光ることを期待してデジカメを構えて待っていたのに、残念なことに光りませんでした。
その翌日も。
あれから、10日経っても、再度光っているのを見る事ができていないです。
もう一度光っているところを見たいという気持ちを捨てきれないでいる時に、東京で、石の彫刻をやっている友達から、個展の案内状が届きました。20070903120149.jpg


案内状の写真にあった石と光った石は、同じ種類のようです。
石の専門家さんの彼に光る石のことを聞いてみたい。
その前に、東京の○○ママさんに、お花の配達をして下さるお店を紹介してもらって、個展のお祝いをしなくては。
東京近郊にお住まいの方、個展情報が、ココにあります。
小さなアトリエですけど、良かったら、立ち寄ってみて下さいね。

もう一度光って欲しいなぁ・・・あの石。

スポンサーサイト

4 Comments

リリーパパ says...""
不思議な石ですね。
地蔵盆と関係があるのかな?
ぜひ、撮影してアップしてください。

バナーの件、Yahooブログを作って非公開にしておくとバナーは登録できます。
アップしない放置プレーになりますが・・・。
2007.09.03 20:46 | URL | #UGlVlC5Y [edit]
ぺん吉 says...""
初体験? 蛍石が混ざっていたのかな?
http://www.tdk.co.jp/techmag/museum/museum50.htm
2007.09.04 08:20 | URL | #22EGc9UE [edit]
まゆまゆちゃん says..."リリーパパさん"
今日の夕方は、お友達が、来なかったので、ヴィヴィと私だけの散歩でした。
暗くなった広場を覘いてみようかと思ったけど、一人では、怖くて、光る石が、今日は、どうだったか、確認できませんでした・・・デジカメを持っていたんですけど。
バナーのこと、お世話になりました。
登録だけして、更新しないblogというのも、yahooさんに申し訳ない気がして・・・
2007.09.06 21:43 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]
まゆまゆちゃん says..."ぺん吉さん"
ペン吉さんなら、こういうの、お得意ですよね。
科学的に説明してもらえそうですね、ぺん吉さんなら。
ペン吉さんが、調べてくれたサイトを読みました。
カメラのレンズにも応用されているのですね、この光る石(蛍石)は。
一度っきりしか見られないのが、残念です。
蛍石なら、昼間、お天気がよければ、光るはずなのに。
2007.09.06 21:51 | URL | #v8ZLOJz6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayumayu0724vivi0123.blog4.fc2.com/tb.php/632-162d02f4
該当の記事は見つかりませんでした。